橋口宏樹のサッカーブログ (Deportivo YH府中・代表)

Deportivo YH 府中・代表の橋口宏樹です.情熱的なアルゼンチン・ブラジルサッカーに深い感銘を受け30年!日本・南米サッカーの表方,裏方に従事し21年!サッカー事情や日々の生活で感じたことを,ざっくばらんにカジュアルに掲載していきます.

ウォーミングアップは,選手主導 ? コーチ主導 ?

f:id:deportivo_yh:20201023090317j:plain

 

おはようございます.Deportivo YH の橋口宏樹です.

 

皆さんのチームにおいて,日々の練習前,及び試合前の「ウォーミングアップ」は,コーチ主導でしょうか.それとも,キャプテンや日替わりで担当を変える選手主導の体制でしょうか.

 

私がお勧めする実施体制は,

コーチが大枠を行った後に,選手各自が不足分を補い,それぞれのポジション特性の動きを行うパターンをお勧めいたします.

 

理由は,

・気温などの環境条件等が大きく関与することから,大枠はコーチ主導で行う方がキャ

 プテンや担当選手への心理的負担を軽減することができるから.

・選手主導で実施する場合,マンネリ化し,やるべきことが達成できなくなるから.

 

これまでに,ウォーミングアップを選手主導で行う国内チームのトレーニングを数多く視察してきました.

大半が「形式のみ」のアップが多く,「やるべきことが達成されていない」ことが現状でした.

 

また,その場に,会議等でコーチや顧問もいないことが多々あり,怪我人が増えることはある程度予測することができます.そのようなチームは,実際に怪我人も多いように感じています.

 

選手主導でも,「選手達の意識レベルが高く,きちんとできているチーム」もあります.

 

そのように選手の意識レベルを高め,目的を達成させるためには,指導者側のアップデートが常に必要ですし,試合を想定したウォーミングアップのメニューを日替わりで考えることで,更に選手のモチベーションが高まっていくと考えます.

 

特に育成年代のチームにおいては,選手を怪我防止・パフォーマンス向上のために管理し,指摘していくことも必要です.

選手主導であっても,選手のコンディションを把握するため,近くで観察し臨機応変に要所を指摘できることもコーチや監督者の重要な役割だと考えます.

 

良い週末にされてください.今日もありがとうございました.

 

Deportivo YH  橋口宏樹