橋口宏樹のサッカーブログ (Deportivo YH府中・代表)

Deportivo YH 府中・代表の橋口宏樹です.情熱的なアルゼンチン・ブラジルサッカーに深い感銘を受け30年!日本・南米サッカーの表方,裏方に従事し21年!サッカー事情や日々の生活で感じたことを,ざっくばらんにカジュアルに掲載していきます.

パス成功率を高めるための方法

おはようございます.Deportivo YH の橋口宏樹です.

 

f:id:deportivo_yh:20201028082810j:plain

 

パス成功率を高めるためには,

・パスの強弱

・受け手と出し手のタイミング

・実際の試合状況等に留意して日々行う

ことで,高められると考えています.

 

南米でのコーチ時代,ビッグクラブでの指導者研修時には (アルゼンチン代表,サン・パウロFC,セロ・ポルテーニョ等),以下の内容を基にトレーニングが行われていました.

① 常に実戦を想定ー強度,角度を変える,浮き球等

② 受け手が要求したら,出し手はパスを出すーパスミスを減らすため

③ キック動作を極力小さくするー相手に読まれにくくするため

④ パスを出す直前まで受け手を見ておくー受け手の状況が変わるため

⑤ ゾーンと試合状況によっては,相手から奪った後のパスを丁寧に近くの選手へ

 

特に⑤については,現地のコーチ・監督達は,拘りを持っている方が多いように感じています.

ボールを奪った後は心拍数が上がっており,パスの成功率が低くなることが理由のようです.

相手のDFラインが高く,その裏にスペースがあるにも関わらず,

『丁寧に近くの選手へボールをパスすること』は,とても印象深いです.

 

育成年代の指導者の中には,

「全てのパスを強く,速く」,という方も時々おられますが,

サッカーは相手との駆け引きやスピードの緩急により相手の逆を取ることなども楽しめるスポーツなので,私は違和感を覚えます.

 

選手としての可能性を高めるためには,一つの選択肢だけではなく柔軟で多様な選択肢を持てる,それができる選手が将来的に伸びていくと思います.

 

指導者も同様で,選手によっては理解度も異なるため,柔軟で多様なアプローチも必要かと考えます.

 

Deportivo YH  橋口宏樹