橋口宏樹の言いたい放題サッカー日記

Deportivo YH 代表の橋口宏樹です.情熱的なアルゼンチン・ブラジルサッカーに深い感銘を受け30年!日本・南米サッカーの表方,裏方に従事し21年!サッカー事情や日々の生活で感じたことを,ざっくばらんにカジュアルに掲載していきます.

前編:サッカーの多様化を象徴している,アンプティサッカーの成り立ち・ルール

Deportivo YH の橋口宏樹です.

 

私は,サッカーは,

「コミュニティの幅を広げ,人間関係を深めることができるスポーツ」,であると考えています(^^)

 

近年,サッカーは,老若男女,及び障がいの有無にかかわらず,全ての人達にも多く普及してきています.

 

障がい者サッカーとして,

知的障がい者サッカー,聴覚障がい者のろうサッカー,視覚障がい者のブラインドサッカー,重度身体障がい者の電動車いすサッカー,及び上肢または下肢切断障がい者のアンプティサッカーなどがあります.

 

今回は,アンプティサッカー

  • 成り立ち,ルール等 (本日)
  • 運動特性と選手のフィジカル特性 (明日)

について述べていきます.

 

f:id:deportivo_yh:20201119090922p:plain

アンプティサッカーワールドカップ 日本代表の試合前の様子 提供: JAFA

 

下肢切断者のDon Benettは,

1980年にシアトルにある自分の家から車に歩く途中に,ガレージからバスケットボールが車道に転がっているのに気づきました.

 

その際,彼は自分の子どもを呼びボールを拾ってもらうよりも,

自ら杖で移動しボールを蹴りこみました.

 

この単純な行動がアンプティサッカーの起源であると考えられています (Kelly, 2007) .

 

現在,アンプティサッカーは,

25か国以上の国で行われており,アルゼンチン共和国で開催された,

2010年のアンプティサッカーワールドカップには,日本代表が初参戦しました.

 

1990年のシアトルで開催されたワールドカップでは,

「11人制」と「6人制」に分かれており,11人制は身体に負担がかかるため,一般のアンプティ選手には根付かないことを考慮し,現在の国際大会は1人のゴールキーパーを含めた7人制となってます (Lisitsyn, 2007) .

 

  • 公式ピッチサイズ

51 m × 31 m でフットサルコートよりも縦横それぞれ約 10 m ずつ大きい.

ゴールサイズは,高さ 2 m ,横幅 3 m でフットサルのゴールと同じ.

  • 試合時間

10 分間のハーフタイムを挟んで,20 分ハーフ.

  • 使用球

ボールは FIFA公認のスタンダード球を使用 ( 5 号球).

  • ルール

オフサイドのルールは適用されない.

杖を使用するフィールドプレーヤーは,下肢切断者が担当し,杖をボールコントロールするために使用することはできない.

ゴールキーパーは,上肢切断者が担当し片腕のみの使用が認められている

(World Amputee Football Federation) .

  • 選手が使用する道具

木製の杖は割れたり折れたりする恐れがあり,

ロフストランドクラッチ型の金属製の杖だけの使用が認められている.

 

以上が,成り立ち,ルールになります.

 

私は欧米での留学経験から,

欧米に比べ日本は,障がいを持つ方への配慮,環境整備が遅れているように感じます.

 

もう少し時間がかかりそうですが,

様々な境遇な方に,サッカーや運動を通して,私のできる範囲で

・笑顔になっていただく機会を増やすこと

・健康を増進させるため

の2点が,私が起業した動機の1つでもあるので,ご期待に応えられるよう努力を重ねていきます.

 

私事で恐縮ですが,

今日で,歳を一つ重ねました.

松崎しげるさんと同じ誕生日なんです!

『噂の刑事トミーとマツ』の再放送を観て以来のファンでして,

私も一時期肌を焼いていたのですが,シミが増えてきたので最近は焼かないようにしています.余談でした(^-^)

 

今日もありがとうございました.

 

Deportivo YH  橋口宏樹