橋口宏樹の言いたい放題サッカー日記

Deportivo YH 代表の橋口宏樹です.情熱的なアルゼンチン・ブラジルサッカーに深い感銘を受け30年!日本・南米サッカーの表方,裏方に従事し21年!サッカー事情や日々の生活で感じたことを,ざっくばらんにカジュアルに掲載していきます.

トレーニング実施報告 - サポートの質向上 (U-10)

おはようございます.Deportivo YH の橋口宏樹です.

 

最近は,公私ともにバタバタしており,ブログ更新が滞っています.

 

皆さんの所に訪問できていないことを,お詫びいたします.

今後とも御贔屓のほど,お願いいたします(^-^)

 

今日は,

先日,都内のジュニアチームにて指導した内容をお伝えいたします.

 

f:id:deportivo_yh:20210117231334j:plain

 

緊急事態宣言発令中ですが,

  • 感染防止に効果のある,不織布マスクの使用
  • 唾液の飛沫防止のため,笛の使用を控え
  • 選手にはタッチしない,距離を保ち

実施させていただきました(^^)/

 

テーマ

サポートの質向上


1Entrada en Calor (ウォーミングアップ)

ジョギング→ 軽いステップ→ ダイナミックストレッチ

 

2Coordinación (コーディネーション)

基本ステップ + 片足荷重,バックペダル + 加速走 等

 

3Técnica Individual (個人技術)

2人1組にて,ステップ動作を素早く行う.

出し手は,受け手が要求した方とは逆の足にパスを出し,

受け手は素早いステップを継続したまま素早く戻す (技術・ステップワーク・反応時間向上).

 

留意点:

素早いステップとパワーポジション姿勢を維持し,リズムを保ちながらパスを丁寧に行うこと.

 

4Movimiento de Apoyo (サポート) A (守備)BC (攻撃)

- ① 前方スペース

A (守備) は,B (攻撃) へパスを出した後にBへプレッシャーをかける.

Bはボールを受けた後に,どちらかのCへパスを出す.その後,3人でシュートまで.

f:id:deportivo_yh:20210124103521p:plain

前方スペースへのサポートトレーニング

留意点:

「3人目の動き」を成功させるためには,「スペースへ動き出すタイミング」と「スプリント (緩急) 」が重要であることを知る.

 

- ② 横方スペース

A (守備) は,B (攻撃) へパスを出した後にBへプレッシャーをかける.

Bはボールを受けた後に,Bの横方へ移動してきたどちらかのCへパスを出す.その後,3人でシュートまで.

f:id:deportivo_yh:20210124103621p:plain

横方スペースへのサポートトレーニング

留意点:

①に加えて,ボールを受ける角度に注意し・バックペダルを活用する.

 

- ③ 後方スペース

A (守備) は,B (攻撃) へパスを出した後にBへプレッシャーをかける.

Bはボールを受けた後に,Bの後方へ移動してきたどちらかのCへパスを出す.ボールを受けたCは,もう一方のCの前方または足元へパスを出す.その後,3人でシュートまで.

f:id:deportivo_yh:20210124103728p:plain

後方スペースへのサポートトレーニング

留意点:

相手DFに限定された側の選手 (どちらかのC) の動きが重要になります.

・その選手は,「自身にパスが出てこない」,と瞬時に判断した後,ボール保持者 (B)

 のサポートの位置を後方にて素早く確保すること.

・後方スペースを有効に活用し,次の展開へ確実に活かせること.

 

5Partidito (ミニゲーム)

・ボールを保持していない選手の明確な意思表示・行動がないために,ボールを失う場

 面が多々ありました.

 声だけではなく,「常に動き直す動作」を労を惜しまずに行うことが必要であるよう

 に感じます.

・パスは「足元」か「受け手がスピードを落とさないスペースへのパス」を出すべき

 か?!

 相手の状況により,それらを使い分けられることが良いと考えます.

 また,パススピードについても,相手の守備陣形を崩すためにも,緩・急があると,

 よりサッカーの面白さを体感できるようになります.

・ボールを保持していない選手が角度をとり,ボールを受ける準備ができていた場面が

 増えてきました.

・特に試合では,常に真剣に行いましょう.

 

6Enfriamiento (ウォームダウン) 

施設利用時間に制限があり,時間不足のため,練習終了後,各自にて.

 

7Comentario del Profesor (コーチからのコメント:橋口)

年代及びレベルが上がるに従って,これまでにできていたことが次第にできなくなってきます.

今日の練習は,難しい内容だったかと感じています.

 

今後は,個人としてのスキルを伸ばすことと並行して,

今回のような,「周囲を活かす動作・技術」が必要になってきます.

 

また,サッカーを長く続けるために,

トレーニング理論 (量・強弱・時期) やコンディショニングを学ぶことも重要になってきます.

 

Deportivo YH 橋口宏樹